北翔大学北方圏学術情報センター

プロジェクト研究 美術グループ

研究趣旨

本研究は美術と社会の連動の試みの実践活動とその調査研究を行うものです。これまでのプロジェクト研究においては、豊かな地域社会の一翼を担う美術の取り組みを、有機的に発展させていくための仕組みの構築について「社会教育」の視点から研究を進めてきましたが、近年はさらに「学校教育」にまで拡大させてきました。現在、美術教育界では、各校種で、すぐれた研究や実践がすすみ、一定の成果をあげてきています。しかし、一方では課題のある授業も多く存在し、まだまだ「美術嫌い」を生み出しているという実態もあります。しかもその問題は深刻であり、美術教育界では有効で具体的な手立てを効果的に講じていない現状にあります。そこで本研究ではこうしたことを踏まえながら、美術が持つ力が、効果的に活かされる社会および教育についての研究をすすめていきます。また具体的な方法についても研究し、特に学校現場に対して啓発的な役割を果たしたいと考えています。

IMG_3223.JPG
IMG_1193.jpg
よもやま170304.JPG