​これまでの展覧会

市民講座・成果報告展

P2 下.JPG

Timeless:時の肖像

2012年11月

「Work in Progress」「由仁実験芸術農場」のコラボレーション企画として両者のこけら落としとなる展示・鑑賞会を由仁実験芸術農場にて開催。

IMG_4948.JPG

Timeless2:時の回廊

2013年3月

「Work in Progress」の拠点となる北翔大学円山キャンパスギャラリー(旧ポルトギャラリー)にて初となるグループ展を開催。

図1.jpg

Caustics:メディウムが光と出会うとき

2014年3月

絵画表現におけるメディウムの存在と光との関係、画面に立ち上がる光彩の集積をヒントに初めての鑑賞ワークショップを行いました。

IMG_7571.JPG

絵画のメディウムから地域を考える:NO-DOアートプロジェクト―

2015年9月

「Caustics」研究活動の一環として膠のワークショップを由仁実験芸術農場にて開催。講師に後藤秀聖氏(美学校 (bigakko.jp))をお迎えした。

IMG_3223.JPG

The Songline

2016年4月

「制作者」と「鑑賞者」の間にある視覚以外の接点とは?口述(歌)によって伝承されるアボリジニ文化をヒントに鑑賞ワークショップ「みる人がアートを作る」を同時開催。

スクリーンショット 2021-01-26 135534.png

Golden Round

2017年3月

絵画を超える絵画とは?ブレークスルーする特異点があるとするのならばいつ、どこでそれは発生するのか。制作者が奏でる螺旋状のGoldenRoundの行き着く先は?アートブログ(北海道美術ネット別館 (goo.ne.jp))主催、梁井朗氏を迎え「アート四方山話」を同時開催。

IMG_3583.JPG

​局地風

2018年3月

私たちの立つ地点で吹く風は、遥か彼方の匂いを運び、それぞれ違う速度で吹き抜ける。あるいは留まり渦巻き何時か消え去る。制作者を取り巻くそれぞれの風はいかに混ざり合いギャラリーを吹き抜けるのか。そのあとにはきっと青空が広がる。美術教育の研究分野から佐藤一明氏、手塚昌広氏の新たなメンバーを加えた展覧会。鑑賞ワークショップに教育的観点の厚みが加わりました。

IMG_107111.jpg

山是山水是水
(やまはこれやまみずはこれみず)

2019年3月

山は山であるように、水は水であるように物事の根源を巡る思索の紡ぐ絵画表現とは。大井、林、末次の作品と塚崎、山崎の理論による原点回帰の展覧会。