伊藤彰規 ITO AKINORI

●主な個展

2021 ギャラリーゴトウ(東京) ['08より毎年企画個展]

2018 ギャラリーヴェルジュ(相模原)

2014 ギャラリー  ジ・アース(鎌倉)['07にも開催] /ギャラリーシミズ(横浜)

2007 ギャラリー汲美(東京日本橋)['03'01'00にも開催] /ギャラリーテムズ(東京小金井)['03にも開催]

2006 北網圈北見文化センター美術館(北見)['03にも開催]

2005 アトリエTK(東京銀座) [02,'99にも開催]/湘南台画廊(藤沢) ['02にも開催]

2001 ギャラリーf分の1(東京お茶の水)

1999 ギャラリークリヨン(東京青山)/横浜市大倉山記念館(横浜)

1997 Oギャラリー(東京銀座)

1996 みゆき画廊(東京銀座) ['94,'91,'89にも開催] 1987/史染抄ぎゃらりー(東京銀座)['80~'87まで開催]

●主なグループ展

2021 「オホーツクの作家展」(網走市立美術館)/「6月のアリエッタ展」「色彩は夢見る展」(いずれもギャラリーゴトウ) /「青いツバクロ展(新生堂)」

2020 「青ク記ス鳥タチ展」(ギャラリー尾形・福岡)/「谷川俊太郎の世界を描く展」(ギャラリーゴトウ)

2018 「6月の会」ギャラリーゴトウ(東京銀座)

2017 「CROSSWAVE2017」櫟画廊(東京銀座)

2016 「WAVE NOW 2016」コンチネンタルギャラリー(札幌)〔ʼ14ʼ12ʼ10ʼ08ʼ06ʼ04にも出品〕

2015 「WAVE NOW 2015」 井上画廊(東京銀座))〔 '13'11'09'07にも出品〕

2013 「BRIDGE 2013」 AKKO Gallery(バンコク)[ '11,'09 ]

2008 「Art Singapore」(シンガポール)

2005 「神奈川県美術展」神奈川県民ホール(横浜)<93年 洋両部門特選〉[ʼ93~毎年出品]

2000 「現代日本美術展」東京都美術館(東京上野)[ʼ98,ʼ97,ʼ94,ʼ93にも出品]

1999 「昭和会展」日動画廊(東京銀座)/「JAPAN NOW ART ’99 in WIEN」ヴィトゲンシュタインハウス(ウィーン)

1995 「安井賞展」〈賞候補〉セゾン美術館他(東京池袋)

1994 「よこはまの作家たち’94」横浜市民ギャラリー(横浜)/「横浜現代美術展」上海市美術館(中国上海)/「三渓展」〈佳作賞〉横浜市三渓記念館(横浜)

1993 「軽井沢ドローイングビエンナーレ展」脇田美術館(軽井沢)

1992 「新制作展」東京都美術館(東京上野)〔ʼ96ʼ95ʼ94にも出品〕

●パブリックコレクション

北海道北見市、北見工業大学、北海道立北見北斗高等学校、埼玉県所沢市、 ヴィトゲンシュタインハウスウィーン(オーストリア)


●カバー装画

2017 井筒豊子「井筒俊彦の学問遍歴ー同行二人半」(慶応義塾出版)/岡部弘彦「折口信夫の晩年」(慶応義塾出版)

2005 玄侑宗久著「中陰の花」文庫版(文藝春秋社)

2002 玄侑宗久著「御開帳綺譚」(文藝春秋社)

2001 玄侑宗久著「水の舶先」(新潮社)

1997 角田房子著「悲しみの島サハリン」文庫版(新潮社)

1982 現代詩手帖 臨時増刊「現代詩の実作」(思潮社)/ハ匠衆一著「地宴」(作品社)


●著作

2006 「北見、そしてパリの青」(用美社)

2021 

1月より北海道新聞朝刊コラム「朝の食卓」執筆担当